忍者ブログ
ハロワなんて怖くない!夢の失業生活!公共職業安定所攻略法!職安を使い倒せ!ハローワークで資格も求人情報もゲット!失業保険給付や職業訓練などの各種公的手続きなど。
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [152]  [153]  [154]  [155]  [151
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気がついたら9月やん、、、

やべぇ、、、なんの準備もしてへんわ、、、



げげげ!!!!!!!!!!!!!!





「さて、まずは辞める準備するでぇ!」

退職を決めたアナタ! 立派です! 素敵です!

ですが、ここで、まず退職の準備です、、、何ごともはじめが肝心!
素敵な失業生活をおくるための準備です!



「よっしゃぁ、早速、辞めるでぇ!」


ちょいとお待ちを、、、

会社には辞める時期があるんです、、、お得な時期を狙いましょう!



まず、自分自身の条件をチェックです!

重要な順番に書いていきます!重要度を要チェックです!



1)雇用保険の払込期間は?

 ここ大事です! よ~く注意してください!

 失業して、失業給付(失業保険)をもらうためには、以下の二つの条件が必要です。

 ①雇用保険の被保険者であること
 ②被保険者期間が退職日以前の1年間に通算で6ヶ月以上あること

 普通の会社なら①は大丈夫だけど、実際は注意が必要です。
 自分が被保険者かどうか、チェックです!

 もし被保険者じゃなくても、諦めちゃダメ!
 ハローワークの人に相談して、会社に加入してもらおう!

 というのも、雇用保険は最長2年間さかのぼって加入することが可能なんです。だから、2年分を払って、失業保険をもらう、、、変な話ですが、アリなんです!(雇用保険は毎月給料の1%未満なので、2年分払っても微々たるものです)

 ・・・泣き寝入りするのは早いですよ!

 また、バイトや派遣でも場合によっては雇用保険を適用することも可能ですから、裏テクニックがあるので、ちょっと調べるといいかもです!


 次に大事なのは、②被保険者期間。

 最長2年さかのぼれるとしても、そもそも、勤続月数が半年に満たないとアウトです。だから、特に新入社員ですぐ辞めたい人などは要注意。いくらさかのぼれても、働いていなければ無理ですからね。

 それと、払込期間(雇用保険の被保険者であった期間)をチェックです。払込期間によって、失業給付を受けることができる日数が大きく異なるので、自分がどれくらい払い込んで、どれくらいの日数もらえるかチェックです!


 たった一ヶ月違うだけでも、かなり損しますよ!



続きはコチラ!
職安の賢い利用術~ハローワークと失業保険・雇用保険~退職準備編「辞める準備するでぇ!」



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
メルマガ創刊
『裏失業保険マニュアル
 賢い失業生活のススメ』
無料メルマガ登録
Powered by
メールマガジンID:178664
カウンター
ちらっとチェック!
最新コメント
ブログ内検索
プロフィール
HN:
一条 明
性別:
男性
職業:
失業保険コンサルタント
注目サイト
ハローワーク、失業保険、雇用保険といったら、最近のイチオシはココ!


失業者と節約大好きにオススメ!
スーパー懸賞サイト GetMoney!【無料会員登録】
今日現在(2006/3/24)ですでに数万円ゲット!








カレンダー
10 2018/11 12
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<< おいしい失業「バイト生活」マニュアル |日向 咲嗣 HOME 官の錬金術―失業保険1兆円はどこへ消えたか |保坂 展人 /大川 豊 /岩瀬 達哉 >>
忍者ブログ [PR]